年収が低くても借りられる?

カードローン申込み時には審査がありますが、年収が低い点を気にする申込者は非常に多いです。確かに同じ金額を借りるならば、年収が高い方が審査には有利に働きます。しかし、一般のイメージ程には、収入が多いかどうかは問題ありません。

 

年収に関しては、多いかどうかが重要なのではなく、年収に見合った申込み金額かどうかが問題なのです。年収が低い、例えば年収100万円にも満たないパートやアルバイトであっても、カードローンの申込みは可能です。ただし、年収100万円なのに希望借入額が200万円では、審査で断られてしまうでしょう。

 

参考までに、消費者金融では総量規制という法律が適用されていて、貸付けに上限が設定されています。上限は年収の1/3までで、これを超えての貸付けは行えません。理由は、これ以上の借入れをすると、返済不能のリスクが高くなるからです。

 

銀行は総量規制の対象外なのでこの限りではありませんが、年収の1/3までというのは、無理のない借入れかどうかの1つの目安となります。年収150万円ならば、50万円を超える金額の借入れは難しいと覚えておくとよいでしょう。

 

実際にはもっと余裕を持った希望額にした方が、審査にも通りやすくなります。年収100万円であれば、上限の33万円ではなく、20万円程度で申込むとよいかもしれません。

 

ただし借り入れを一本化するおまとめローンとしての利用の場合には、例外となるケースがあります。消費者金融であっても銀行であっても一本化ができますので、銀行の情報となりますが詳しくはおまとめ一本化で使うカードローンで確認してください。